レジャー先で虫に刺されない方法 アロマを有効活用!

白っぽい服を選び、できるだけ露出部分を少なくする

肌の露出が多くなる夏は、どうしても虫にさされる可能性が高くなります。虫に刺されないようにするためには長袖を着る、薄手のストールを巻く、丈がくるぶしまであるパンツや靴下を履くなどして肌の露出範囲を小さくすること。

また、ハチは黒い物や動く物に反応するので、黒っぽい服装やヒラヒラした服装は避け、白っぽい服を選ぶようにしましょう。


アロマセラピーの精油(エッセンシャルオイル)に含まれる

シトロネロール、シトロネラールを蚊が嫌う

最近はアロマセラピーで用いる精油(エッセンシャルオイル)を活用した虫除けが続々登場しています。UVケアクリームの中に虫除けアロマを配合した、日焼け止め&虫除けクリームも増えてきました。

ではなぜ精油によって虫除けが可能なのでしょうか? 精油には、殺虫剤のように虫を殺す働きはありません。ただし蚊などの虫は特定の精油の香りを嫌います。昆虫忌避作用があり、特に蚊が嫌うといわれているシトロネロール、シトロネラールなどを含んでいる精油は虫除け効果が高いということに。

特に虫除け効果が高いことで有名なのは、レモンに似た柑橘調の香りのシトロネラ、レモンユーカリ、レモングラス、ゼラニウムなどの精油です。

●シトロネラ精油

シトロネロール、シトロネラールなどを含んでいる虫除けのための精油。

●レモンユーカリ

シトロネロールが70~80%と多く、蚊やダニが嫌う精油。虫刺されのケアにもおすすめ。

●レモングラス

さわやかな香りですが、皮膚刺激もあるので要注意。害虫よけにも使われる精油。

●ゼラニウム

シトロネロールが25~45%と多く含まれ、肌にも刺激がないので虫除けに最適。


実はアロマスキンケアによく用いられる高貴なローズ精油、それもローズ・オットーと呼ばれる水蒸気蒸留で得られた稀少な精油は、シトロネロールが45~60%と多く十分な虫除け効果が期待できます。もしローズの精油が配合されているアロマコスメをお使いの場合、虫除けにも兼用できるということに。

市販の虫除け剤は使いたくないという女子が増えている中、精油の虫除けスプレーやUVクリームはますます人気になるでしょう。

たとえばこのヴィアロームの「ストップモスティーク」は、ルームスプレーとしても虫除けとしても使える100%オーガニックのスプレー。自然由来の虫よけの中でも、安価なシトロネラ精油は使用せず、ゼラニウムやシダーなど、さまざまな種類の精油をブレンドしました。本場で上質なアロマセラピーを受けているような、大きく深呼吸したくなる爽やかで至福にあふれた香りです。虫に刺された部分のケアスプレーとしても使えます。

ヴィアローム ストップモスティーク ¥3,888(税込)

http://www.essentiallift.com/SHOP/93120/list.html


スッキリきれい女子研究会

体調、肌、ココロが不調・・・という大人女子に! 「肌は内臓を写し出す鏡」を軸に、ビューティヘルスケアを公開中です。

0コメント

  • 1000 / 1000