「白い糖質抜きダイエット」でカラダを軽く!


玄米ご飯(炭水化物)を食べてカラダをリセット

3日間で1キロは落とせます

「白い糖質」つまり白米・パンやパスタなどの小麦製品・白砂糖などの白い炭水化物をカットする食事療法に出会いました。その食事療法はハワイダイエットといって、ハワイ在住の医学博士テリー・シンタニ先生の考案によるもの。

白い糖質(炭水化物)だけカットして、玄米・雑穀・全粒粉パンやパスタなど未精製の穀物なら炭水化物を食べてもよく、ご飯好きで玄米好きの筆者にはなじみやすかったのです。


白い糖質をカットするハワイダイエットの極意は「油を断つ」こと

白い糖質以外に制限されているのは、油。油は本当に最低限に抑えるのが決まりです。実はカラダにいいからとオメガ3の亜麻仁油などの油をじゃぶじゃぶ使っていた頃はすぐに体重が増えてしまっていました。油を控えて、あとは野菜中心に色々なおかずを楽しみます!

このハワイダイエットを自分流にアレンジして白い糖質抜きダイエットとして自宅で実践しています。家で食べるときだけこの食事で、外食は自由に。ただしできる限り白い糖質は避けて油で揚げたものは注文しないようにしていますが。

見本にしているハワイダイエットは、18世紀以前の古代ハワイの伝統的な食生活に基づき、炭水化物をしっかり摂りながら、体質を改善する食事療法。食べる量に制限はなく、おなかいっぱい食べてもOKなうえに、面倒なカロリー計算も一切不要です。

玄米は「野菜米」みたいなもの、玄米料理で腸もスッキリ!

おすすめは玄米納豆チャーハン

白い糖質抜きダイエットの基本メニューは、玄米に雑穀や黒米を混ぜたごはん。玄米雑穀おにぎりや海苔巻き、納豆・ネギ・海苔・玄米で作るチャーハンや玄米で作るアボカド納豆丼、たっぷりネバネバ野菜のせ蕎麦、きのこ玄米リゾット、トマト味のイタリアンリゾットなどです。

また、料理する時間がない場合には、ハワイダイエットに近い感覚のマクロビオティックレストランやマクロビ系デリなどを利用するといいですね。食べ過ぎたときのリセット食におすすめ。これを3日続けて食べると本当にカラダがスッキリします。


油断すると不足しがちなビタミンCを摂るために

グリーンスムージー&青汁をまめに飲むと、よりスッキリ

ビタミン豊富で栄養価にすぐれている玄米食、欠点はビタミンCだけは含まないので野菜などでしっかり摂取しなければならないこと。

そこで意識してグリーンスムージーを作って飲んだり、オフィスでは青汁を飲むなどの工夫を。青い葉野菜はビタミンCが豊富なので、意識して青野菜を取り入れます。

グリーンスムージーは、小松菜・キャベツ・バナナで作ると美味しいのでおすすめです。

#糖質オフ #糖質制限ダイエット #白い糖質オフ #ロカボ #玄米ダイエット

スッキリきれい女子研究会

体調、肌、ココロが不調・・・という大人女子に! 「肌は内臓を写し出す鏡」を軸に、ビューティヘルスケアを公開中です。

0コメント

  • 1000 / 1000