今、アルコールを飲むときの肝臓ケアがきれいの最短距離?

今、美肌と関わりの深い”肝臓”にアプローチする肝臓美容がブーム! 

最近何かと“肝臓美容”が注目されています。肝臓といえば添加物や薬物、アルコールなど体内に入った毒を分解する解毒の臓器。肝臓=アルコール代謝、と思っている方も多いのではないでしょうか。

実は肝臓と肌って蜜月関係にあるのをご存じですか? たとえば過剰なアルコールは肝臓を疲れさせて解毒機能を悪くするといわれています。肝臓の疲れは、解毒しきれなかった毒を皮膚から排出させることにつながり、結果的に肌あれや吹き出物を招くのです。肝臓疲れでグルタチオンという物質が減れば、黒色メラニンが増えてシミ体質に。


肝臓は女性ホルモン濃度を調整している?

さらに肝臓は女性ホルモン濃度を調整していることをご存じでしょうか? 肝臓疲れが続くと、女性ホルモンバランスが乱れて肌の不調を招いてしまいます。

日本酒1合のアルコール処理にかかる時間は約4時間。適量といわれる量でも肝臓にはかなりの負担がかかります。まして連日飲み会を楽しんでいる女子にとっては、肝臓疲れと肌への負担が深刻。くすみやシミとの関与も取り沙汰されています。


お酒好き女子必見のアルコールをお酒に変えるサプリも登場

そこで注目したいのが、世界初!アルコールをお酢に変える夢のようなサプリ! このサプリの成分は、古来の製法によるにごり酢に含まれていた酢酸菌酵素(残念ながら現代のお酢には含まれていない)。酢酸菌酵素を摂取した状態でお酒を飲むと、呼気と血中のエタノール濃度が低下することが確認されています。わかりやすくいえば酢酸菌酵素がサブ肝臓として働き、飲んだお酒をお酢に変え、1/3~1/2程度なかったことにしてくれるのです。実際に体験してみて翌日にお酒が残らないことに感動! 

大酒飲みの女子からも太鼓判を押されています。

アルコールをお酢に変える酢酸菌酵素の大量生産に成功。“飲む人”のためのサプリ「よ・い・と・き」2粒×10回分¥2,200 

スッキリきれい女子研究会

体調、肌、ココロが不調・・・という大人女子に! 「肌は内臓を写し出す鏡」を軸に、ビューティヘルスケアを公開中です。

0コメント

  • 1000 / 1000