nabekawatakako

美容ジャーナリスト 美容アナリストとして活動中です。ニキビができる場所と反射区など、顔についての謎解きに夢中。

記事一覧(27)

今の感情を「手書きで書く」ことで上手に見える化。 驚くほど心がラクになるコーピングのすすめ

めまぐるしい変化に対応できる「こころ」のリズムスキル、コーピングに注目!

毎日時間に追われ、ストレスにさらされ、疲弊してしまう現代社会。そんな現代だからこそ「コーピング」を身につけて、折れそうな心を支えてみませんか?コーピング(Coping)とは、対処する、切り抜けるというCopeが語源になっているメンタルヘルス用語です。”ストレスを抑える”ノウハウと誤解されることもあるようですが、本質はまったく違って、自分のストレスを認めて受け入れて調整すること。たとえば友達数人と話していて気が滅入ってきた場合、ふつうは「なぜ気分が滅入るの?」「なぜこんなにネガティブ?」と自己否定しがちです。そして友人に傷つけられた、ひどいことされた等々、滅入った感情を友人のせいにして強いストレスを感じます。

しかしコーピングでは、気が滅入ったのは「あくまでもあなた本人の感情」「誰もあなたを傷つけていない」と説明します。気が滅入ったのは自身の内面から沸き起こる感情に過ぎないのです。第三者から傷つけられた、と思うからストレスになる ただただ「今、気が滅入っている」と自己の内面を見つめる

そこでコーピングでは「私は今、気が滅入っている」という自分の感情に気づきましょう、とアドバイス。感情を素直に受け入れ、次に感情を可視化していきます。可視化、つまり見える化。そのためには書くこと、特に手書きで紙に書くのがいちばん可視化になるそうです。たとえば・・・
“私は今気が滅入っている。なぜなら00さんに彼氏ができて、一緒に遊べなくなり、先を越されてしゃくに障ったからだ!!”という具合に、自身の感情の結末まで吐き出して紙に書き出します。すると滅入っていた感情が、心の奥底から頭の前頭前野に移り、スッと理性的になります。「ああ、私は今しゃくに触っているのだ」と理性でとらえ、冷静になれます。このように感情を可視化できればストレスを溜めずに済みますし、ストレスフルな現代社会にしなやかに対処していけるはず。

解決志向で「体に悪いもの依存」を上手に断ち切る

なぜ飲んでしまったか? ではなく「なぜ飲まなかったか?」成功分析が決め手の「解決志向」心理学「解決志向」という心理学用語をご存じですか? たとえばアルコール依存症などの心の難病を治すには「なぜ飲むかより、なぜ飲まなかったかを分析することで解決への道は開ける」という方法論です。なぜその日は飲まなかったか、飲んだ失敗例ではなく飲まなかった成功例を徹底的に分析すれば、その人が飲まずに済むパターンを見出せるというもの。実際に「解決志向」に基づいたアルコール依存症治療は著しい成果を上げています。ダイエットに、エイジングケアに、大いに役立つ解決志向
この「解決志向」は、ダイエットにもエイジングケアにも大いに役立ちます。なぜ今日は食べ過ぎたのか、なぜ今日は顔がダレているのか、なぜ自分はイケていないのか、延々嘆いたところで何の解決にもならないばかりか気が滅入ってむしろ逆効果。それより「解決志向」で向き合うべきなのです。朝起きて「今日の肌はとてもハリがあって輝いている」そんな風に調子のいいときに、成功例をじっくり自己分析するのです。私たちは調子がよくてうまくいっている時には自己分析などしないもの。しかし「解決志向」は、うまくいっているときこそ自己分析するのです。
「今日の肌はどうしたのだろう! ハリがあってつやつやだ!」「なぜ肌の調子がいいのか?」お手入れの仕方が良かったのか、睡眠が充分だったのか、間関係や女性特有のストレスが軽くなったためか、肌にとっての成功理由を色々思いつくはず。その中から肌をよりよく保つための自分のパターンを見出していけば、自然と美しく年齢を重ねていけるのです。体に悪いもの依存を断ち切るためには?アルコール依存、白砂糖依存、スイーツ依存なども、同じように「解決志向」を取り入れれば、ストレスなく自然と「体に悪いモノ依存」を断ち切れるようになります。たまたま白砂糖を摂らずに半日くらい過ごせたら、「なぜだろう?」と自己分析。たまたま飲まずにいられた夜には「なぜだろう?」と自己分析。人はうまくいった例に向き合えば、自信がついてくるのです。

悪い姿勢はこれで解決、ゆったり”深い呼吸”で太りにくい体質へ

浅い呼吸によって「太りやすい過食体質」になっている!私たち現代人の多くは呼吸が浅いといわれています。PCやスマホの使いすぎにより、背筋を丸めた悪い姿勢が癖になているせいです。肩と胸だけで息をしているので肺のごくごく一部にしか空気が入りません。呼吸は自律神経に支配されており、悪い姿勢のまま浅く呼吸をしていると自律神経の働きが弱まります。するといくら食べても満腹感を感じられずに過食し肥満傾向が進んでしまいます。また更年期特有のイライラによって自律神経が興奮していると、リラックスしたいばかりに甘いものや油っこいものを欲し、空腹でもないのに「心で食べてしまう」のです。深く呼吸する習慣をつけるだけで「太りにくい体質」にそこで意識的に深く呼吸するようにすると、自律神経も食欲も正常になり、自然と太れない身体に変わっていきます。インドで発祥したヨガ、中国で発祥した気功、二つの東洋医学に共通しているポイントは呼吸。呼吸の停止は死を、その反対に呼吸をすることは生きること、生命の源を意味しています。長生きという言葉は実は「長息」からきており、読経を行っているお坊さんは長く深くゆったりとした呼吸をしているから長生きだともいわれています。よい呼吸とはゆったりと深い呼吸で、肺のすみずみへ空気が行き渡り、横隔膜などの呼吸筋群をくまなく使うなど全身一体となって呼吸している状態です。ゆったりと深く呼吸していれば食欲は正常化し、自然に過食もおさまっていきます。 

30代後半~40代の心身不調に、フランスアロマテラピー(自然療法)

自然からかけ離れた生活によって、心身不調に陥る!「急に感情的になったりパニックになったり、自分を抑えられない」「婦人科系の疾患があって体調が悪いのに、病院では治療方法を紹介してもらえない」「仕事で辛い思いをしてトラウマになり、体調を崩してしまった」パソコンやスマートフォンを使いすぎる現代人のライフスタイルは、さまざまな心身不調を引き起こします。大自然と人は本来つながっているべきなのに、現代人は自然からかけ離れた生活を強いられ、ストレスによる心身不調に。自然回帰したいという私たち人間の潜在的な欲求の現れから、最近、自然療法が注目されています。どんより心身疲労から抜け出せないときに、フランスアロマの力を借りる自然療法(ナチュロパシー)には古くから伝わる伝承医療や薬草療法、東洋医学(中医学)、アロマテラピーなどがあります。その範囲は非常に幅広く、核になっているのは植物の力。人類はメソポタミア文明時代から植物の力を医療に用いてきました。特にアロマテラピーは30代後半から40代50代の女性の心身を整えたり不調を癒やすのに向いています。アロマテラピーは1928年にフランスのルネ・モーリス・ガットフォセという人物により唱えられ、その後ジャン・バルネ医学博士により心身を整えていく医療手段のひとつとして世界中に広まりました。アロマテラピーに用いるエッセンシャルオイル(精油)は、非常にパワフル。量をまちがえれば生死に至るオイルもあり、妊娠している女性には一切使用できないオイルもあります。

更年期の心身不調にフェイスマップセラピー

更年期に突入する前から「不調」にならないように準備を更年期とは生理がなくなる閉経前後の約10年間を示します。「女性ホルモンの激減期」といわれています。女性ホルモンの分泌量が少なくなると、同時に自律神経もアンバランスになり、急にめまいがする・偏頭痛がするなどの不調に見舞われます。その前段階の30代後半~40代半を“プレ更年期”と呼びます。まだ卵巣は働いていて女性ホルモンは分泌しているものの、徐々に少なくなり、激減する前という微妙な時期。なんとなく体の調子が悪い、風邪やうつ病に似た不調を感じる、などの声も多くなります。更年期、プレ更年期には、無理なライフスタイルを見直し、喫煙などの心身の負担を取り去ること。また卵巣は温かい環境でこそ活発に働くので、冷えは厳禁。体を温めるだけでもずいぶん違います。プレ更年期の時期から前もって準備を始めておけば、その準備期間が財産となって更年期に突入した自分を支えてくれるでしょう。プレ更年期、更年期のイライラに、顔の反射区を用いたフェイスマップセラピー近年注目されている「自然療法」とは、私たちを「体・心・霊性」等から構成される存在ととらえ、その人本来の自然治癒力を高めることで不調を癒すというもの。その人の体の問題だけでなく心の問題まで丁寧に聞くスタンスは自然療法の基本です。自然療法の1つであるフェイスマップセラピーは、顔の反射区理論に基づいたセラピー。東洋医学の陰陽五行に基づくツボ・経絡、そして近年に発展した2つの顔のリフレクソロジー(ソレンセン式神経反射療法とディエンチャン顔反射療法)を融合しています。

レジャー先で虫に刺されない方法 アロマを有効活用!

白っぽい服を選び、できるだけ露出部分を少なくする肌の露出が多くなる夏は、どうしても虫にさされる可能性が高くなります。虫に刺されないようにするためには長袖を着る、薄手のストールを巻く、丈がくるぶしまであるパンツや靴下を履くなどして肌の露出範囲を小さくすること。また、ハチは黒い物や動く物に反応するので、黒っぽい服装やヒラヒラした服装は避け、白っぽい服を選ぶようにしましょう。アロマセラピーの精油(エッセンシャルオイル)に含まれるシトロネロール、シトロネラールを蚊が嫌う最近はアロマセラピーで用いる精油(エッセンシャルオイル)を活用した虫除けが続々登場しています。UVケアクリームの中に虫除けアロマを配合した、日焼け止め&虫除けクリームも増えてきました。ではなぜ精油によって虫除けが可能なのでしょうか? 精油には、殺虫剤のように虫を殺す働きはありません。ただし蚊などの虫は特定の精油の香りを嫌います。昆虫忌避作用があり、特に蚊が嫌うといわれているシトロネロール、シトロネラールなどを含んでいる精油は虫除け効果が高いということに。特に虫除け効果が高いことで有名なのは、レモンに似た柑橘調の香りのシトロネラ、レモンユーカリ、レモングラス、ゼラニウムなどの精油です。●シトロネラ精油シトロネロール、シトロネラールなどを含んでいる虫除けのための精油。●レモンユーカリシトロネロールが70~80%と多く、蚊やダニが嫌う精油。虫刺されのケアにもおすすめ。●レモングラスさわやかな香りですが、皮膚刺激もあるので要注意。害虫よけにも使われる精油。●ゼラニウムシトロネロールが25~45%と多く含まれ、肌にも刺激がないので虫除けに最適。実はアロマスキンケアによく用いられる高貴なローズ精油、それもローズ・オットーと呼ばれる水蒸気蒸留で得られた稀少な精油は、シトロネロールが45~60%と多く十分な虫除け効果が期待できます。もしローズの精油が配合されているアロマコスメをお使いの場合、虫除けにも兼用できるということに。市販の虫除け剤は使いたくないという女子が増えている中、精油の虫除けスプレーやUVクリームはますます人気になるでしょう。